外壁塗装の支払いはいつ?支払い方法は?

外壁塗装の支払いはいつ?支払い方法は?

外壁塗装は支払額も大きく、支払いの内容が気になると言う方も多いでしょう。

支払いのタイミングはいつなのか、どんな支払い方法があるのかなどお金に関することは誰でも気になるものです。

安心してお支払いするためにも詳しい内容や注意点などを説明しますので、ぜひご一読ください。

外壁塗装の支払い方法

外壁塗装の支払いには大きく「現金払い」「リフォームローン」「クレジットカード」「財形貯蓄」の4種類があります。

中でも現金払いが最も一般的な支払い方法で、複雑なやり取りもなくスムーズに支払うことができます。

ここでは現金と表記していますが正確には振り込みによる支払いとなり、100万円を超える金額を現金で支払うと思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性が考えられるため、現金での支払いは振り込みが推奨されています。

予算はないがすぐにでも工事をしておきたいと言う方にはリフォームローンを利用した支払いが採用されます。

トータルの支払額は増えてしまうものの月々の出費が抑えられるため、外壁塗装のタイミングは来ているものの予算の備えがない方はローンの利用も視野に入れると良いでしょう。

クレジットカードは決済が非常に簡単で普段のお買い物でも利用している方が多いでしょう。

外壁塗装の支払いに対してもクレジットカードが利用できる場合があり、その際ポイントを受け取ることができるなど一見デメリットを感じにくい支払い方法ですが、支払額の3~5%の手数料を業者が負担してクレジット会社に支払う必要があり、取り扱い自体を嫌がる業者も多いためクレジットカードでの支払いができないケースも多いです。

最後に財形貯蓄による支払いですが、給与より天引きされる積立預金を利用して支払う方法です。

無理のない資金積立ができるものの利用するにはいくつかの条件を満たしている必要がある点は注意が必要です。

外壁塗装の支払いタイミング

支払いのタイミングは業者によって「工事後に全額払い」「工事前・工事中・工事後で複数回に分けた支払い」「工事前の全額払い」と異なります。

最もスタンダードであり安心度が高い支払いタイミングは「工事後に全額払い」です。

工事が完了してお客様が納得した上での支払いとなるため最も安全な支払いタイミングと言えるでしょう。

複数回に分けて支払う方法は主にアパートやマンションなどの工期が1ヶ月以上かかかるような大規模な工事に対して取られます。

戸建て住宅の支払いタイミングとして採用される場合は業者の規模が小さく、材料を用意するための予算として支払いを求められる可能性があります。

そして工事前の全額払いには注意が必要です。

悪徳業者による工事であった場合支払ったお金をそのまま持ち逃げされてしまうため基本的には工事後に全額払いとなっている業者に依頼するようにしましょう。

最後に

今回は外壁塗装の気になる支払いについてご説明しました。

最も一般的で安心な支払い方法は現金払いでかつ工事後に全額払いです。

現在見積もりを検討している方、これから見積もりを依頼する方も支払い方法について一度確認してみることもおすすめです。

福岡市東区・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事リフォームをご検討の方は信頼と実績のある塗装屋、ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ