白い外壁は汚れが目立つ?【太宰府市・福岡市東区の塗装専門店が解説!】

白い外壁は汚れが目立つ?【太宰府市・福岡市東区の塗装専門店が解説!】

清潔感や高級感があり、周囲の景観も崩さない色として人気の白色の外壁に塗り替えたいと考えている方は多いでしょう。

その一方で汚れが目立つと聞いて汚れが目立たない色にしておこう、と思ってはいませんか?

白い外壁ならではの悩みや安心して白い外壁を選ぶためのポイントなど詳しく解説していきたいと思いますので是非最後まで目を通していただければと思います。

白い外壁の悩み~汚れ~

白や薄い色を選びたいという方の中には「汚れが目立ちそうだから目立たない濃い色にした方がいいのかな。」と本当は選びたい色を我慢してしまう方がいます。

外壁には排気ガスや埃、コケ、雨だれの筋など様々な汚れが付着しますが、黒っぽい汚れや緑の汚れは白色に対して目立ってしまう事実はあります。

風通しが悪く湿りがちな北側の外壁や表面がザラザラした面はコケが生えやすく汚れも付着しやすいため、こまめに清掃をしてあげることで白い外壁を維持することができます。

また、外壁の傍に植木があるとコケが発生しやすくなるため外壁の近くには植えないようにする工夫も有効です。

*汚れが目立たないようにするには?

せっかくの塗り替えですので妥協した色選びはしたくないという方も多いでしょう。

白を選びつつ汚れを目立たせないための工夫もありますのでいくつかご紹介いたします。

まずは同じ白でも純白ではなくわずかにグレーや黄味がかった白を選んでみることです。

ひとくくりに白と言っても様々な白があり、青っぽい白や赤っぽい白などは純白に比べると汚れが目立たなくなる傾向があります。

屋根との組み合わせを考えつつ白の色味を選んであげるとまとまった仕上がりになります。

また、塗料によっては汚れが付きにくい機能を持ったものがあります。

セルフクリーニング機能や防カビ・防藻など、目的に合わせてこれらの塗料を選ぶこともおすすめです。

それからよくある汚れの一つとして挙げられる「雨だれ」は、窓のサッシから埃とともに汚れが流れることで外壁を汚してしまうのですが、サッシの下に雨だれを防止する道具を取り付けることで汚れを防ぐことができます。

最後に

白い外壁を維持するためには約半年に一回程度の定期的な水洗いをおすすめします。

ただし、高圧洗浄をする場合は外壁を傷付けてしまう可能性があるため専門店へお願いすることがおすすめです。

福岡市東区・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事リフォームをご検討の方は信頼と実績のある塗装屋、ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ