ご近所さんとトラブルを起こさないための近隣挨拶【太宰府市。大野城市にお住いの方へ】

ご近所さんとトラブルを起こさないための近隣挨拶【太宰府市。大野城市にお住いの方へ】

もしご近所で突然工事が始まった時、あなたはどのように感じますか?

感じ方は人それぞれですが、特に気にならないと言う方でも「前もっていつから工事が始まるのかくらい伝えてくれればいいのに」と感じるのではないでしょうか。

中には事前の挨拶もなしに工事を始めることに対して非常識だと感じる方もいます。

挨拶を怠ったことでご近所さんとのトラブルへ発展したケースも決して少なくありませんので、円滑に工事を進めるためにもご近所への挨拶は重要なポイントとなります。

外壁塗装がご近所の方に与える影響を把握した上で実際にどのような近隣挨拶を行うと良いのかを解説していきます。

近隣の方へ及ぼす影響

塗装工事はあなただけの問題ではなく、近隣の方へ迷惑をかけてしまう可能性のある工事です。

例えば足場の組み立て・解体の際には金属音が響き非常に大きな音が出ます。

騒音であれば高圧洗浄の際にもエンジン音や水が外壁に勢い良く当たる音なども鳴り響くことになります。

また、塗料の種類によってはストレスを感じたり体調を崩してしまうような強い臭いが出るものもあり、特にトラブルに発展しやすい項目でもあります。

塗装期間中は足場の業者や職人など様々な人や車が出入りすることになり、業者の車が道を塞いでしまうと言ったケースも起こり得ます。

その他塗料や洗浄の水が飛散してしまう、業者のマナーが悪く声がうるさいなどのトラブルも起こる可能性があります。

近隣挨拶を行うポイント

近隣挨拶を行いたいと思っていても「どのお宅に挨拶すべきか」「何を伝えれば良いのか」など気になるポイントも多いでしょう。

基本的に近隣挨拶を行う際にはできるだけ早めに挨拶へ回ることが望ましいです。

タイミングとしては工事が始まる3~10日前を目安にすると良いでしょう。

その際近隣挨拶を行う範囲はあなたのお住まいの周辺状況によっても異なりますが多くの場合は「両隣と向かいの3軒、裏の3軒」に行うことがベストです。

臭いに敏感な方や妊娠中の方、赤ちゃんがいるお宅では工事を気にする方も多いのでなるべく早めに挨拶に伺うようにします。

*近隣挨拶で伝えておきたいこと

近隣挨拶は施工する塗装業者が行うケースがほとんどですが、業者が行う近隣挨拶を一緒に行ったり、業者とは別に施主様自身で挨拶を行うなどできるだけあなたからも近隣挨拶は行っておきたいものです。

その際に近隣の方へ「施主様の名前」「工事の期間」「迷惑をかける恐れのある事象」「何かあった際の連絡先」は最低限伝えておくと安心です。

また、これらを挨拶状としてまとめておくことをおすすめします。

※菓子折りやタオルなどの粗品は必須ではありませんので無理に用意する必要はありません。

最後に

ご近所の方とトラブルになってしまうと今後のお付き合いにも影響が出てしまいます。

お互いに塗装工事はいずれ行わなければならないものですので、円滑に進めるためにも近隣挨拶は行うようにしましょう。

福岡市東区・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事リフォームをご検討の方は信頼と実績のある塗装屋、ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ