外壁塗装に不可欠なケレン作業!どんなことをするの?【太宰府市・小郡市にお住まいの方へ】

外壁塗装に不可欠なケレン作業!どんなことをするの?【太宰府市・小郡市にお住まいの方へ】

外壁塗装はただペンキを塗っているだけではなく、塗装を長持ちさせるために様々な作業が行われています。

その作業の一つにケレン作業があるのですが、聞きなれない言葉にどんな作業だろうかと疑問に思ったことがある方も多いでしょう。

ケレン作業は外壁塗装を成功させるために必要なポイントでもありますので、ここではケレン作業の重要性や作業内容などをお伝えします。

ケレン作業って何?

多くの方が「ケレン」と聞いただけではどのような作業が行われるのか分からないでしょう。

ケレン作業とは塗装面を整えるために行われる異物を取り除く作業のことです。

外壁塗装の工事が始まるとまず表面の汚れを落とすために高圧洗浄が行われますが、主に金属部分のサビや古い塗膜は高圧洗浄だけでは落としきれないことがあります。

ケレン作業では汚れやサビの状態に応じて手工具と動力工具が用いられます。

比較的軽度であれば大掛かりなケレン作業にはならず、反対にサビが成長していたり外壁材や金属部材の深部にまで進行している状態であれば必要に応じて電動工具などを用いたケレン作業が行われます。

また、塗料が付着しにくいガルバリウム鋼板が使われている場合にはケレン作業を行い、表面に傷を付けることで塗料が密着しやすい状態にしておく必要があります。

*ケレン作業は仕上がりに影響する

塗装を長持ちさせるには高耐久の塗料で塗装すればいいと言う訳ではありません。

どんなに高耐久な塗料で塗装をしても、汚れやサビがある状態のままでは塗膜に悪影響を及ぼしてしまい長持ちしません。

塗料は外壁と密着できず、塗膜剥離を起こしたり傷や割れを引き起こし防水性能にも影響を及ぼします。

ケレン作業により滑らかになった塗装面は塗料がまんべんなく密着し、ムラのない美しい仕上がりになるのです。

ケレン作業に使われる道具

先ほど少しご説明しましたがサビの状況によって使用する道具が異なり、手作業で行える範囲であれば紙やすりを使った作業が最も行われています。

簡単なサビ落としのほか、小さな凹凸の補修や表面の仕上げの際にも用いられます。

手作業で用いられる道具には塗膜やサビの剥離のためのスクレーパーや紙やすりでは届かない隙間に使われるワイヤーブラシなどがあります。

サビが進行しており手作業では処理できない場合には電動ケレンやサンダーケレンが行われます。

刃を付け替えることで様々なサビの症状に合わせた処理を行うことができます。

最後に

外壁塗装の見積もりを取る際にはケレン作業が含まれていることを確認しましょう。

業者によってはケレンではなく「サビ除去」などケレン作業に該当する項目を使用していることもあるため業者に尋ねるようにしましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ