職人はどんな熱中症対策をしているの?【太宰府市・福岡市東区の塗装専門店が解説!】

職人はどんな熱中症対策をしているの?【太宰府市・福岡市東区の塗装専門店が解説!】

例年より早い梅雨明けで今年の夏は猛暑になると言われています。

すでに熱中症患者も出ていますし、私たちも夏場の過ごし方を今一度考える必要があるでしょう。

さて、どんなに暑く日差しの強い日でも塗装の現場では職人が作業を行っています。

炎天下での作業は熱中症のリスクも高くなりますが、何か行っている対策はあるのでしょうか。

夏場の作業・職人の対策

熱中症は体内の水分と塩分のバランスが崩れることによりめまいや吐き気、震えなどの症状をもたらし、特に高齢者や小さな子供、持病のある方はリスクが高まります。

そのためこまめな水分補給や休憩はよく促されています。

通常職人の休憩時間は昼休みと午前と午後の小休憩ですが、熱中症のリスクを考えて夏場は決められた休憩時間以外でも自主的に水分補給や休憩時間を確保しています。

ただし、水分補給のために足場を何度も往復することを避けるために飲み物は常に足場の上に置いているそうです。

また作業を進めていく上でも職人の工夫があり、時間帯によって日陰になる部分が変わるため、基本的に作業をする個所は日陰になっているところから進めていくようにしています。

真夏の暑さが厳しい日には朝から高い気温になることもしばしばですが、日中に比べ比較的気温が低い午前中に屋根の塗装を行うなどの工夫もしているのだとか。

余談ですが屋根に遮熱塗料を採用している現場は職人にとってありがたいようで、太陽からの直接的な熱だけでなく照り返しによる熱も厳しいことから表面温度があまり上がらない遮熱塗料は職人の作業環境にもメリットがあるのです。

通常の塗料で塗装した場合は非常に熱くなるのですが、遮熱塗料で塗装した屋根は裸足で歩けるほど温度に差が出るようなので驚きです。

それからスポーツドリンクは水分補給に効果的な飲料ですが、喉が渇いたからと大量に飲んでしまうとかえって疲労感が出るそうですのでスポーツドリンクは特にこまめに飲むことをおすすめするのだそうです。

仕事終わりや休日の過ごし方は職人によってそれぞれで、疲労回復のためにサウナに通う人や大好きなお酒を飲んだりゆっくり寝て過ごしたりしています。

最後に

職人だけに限らず、熱中症はまだ大丈夫だと思うことが危険です。

熱中症が疑われるときには無理をせずに休憩を取ったり病院へ行くようにしましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ