【9月27日号】ハウジングコート営業の一日を紹介【ハウジングコート太宰府店】

【9月27日号】ハウジングコート営業の一日を紹介【ハウジングコート太宰府店】

朝はいつも通り家を出ましたが、雨が降っていたこともあり車の量が多くかなり渋滞していました。

雨が降る日には渋滞するものだと分かっていたものの、次の日の天気を確認しておらず通常の時間に家を出てしまい遅刻をしてしまいました。

今後の改善点は朝一雨が降っているかの確認をして雨が降っている場合は少し早めに家を出ることと、日頃から家を出る時間を少し早めて早く着いてしまった時にはゆっくりする時間を確保して一日のスケジュールを作っていくようにしたいと思います。

一日の流れとしてはまず10時から太宰府市石坂で外壁屋根塗装の現場調査を行いました。

午前中はまだ雨が降っており、現場調査自体もしっかりとできなかったためヒアリングを行っていきました。

こちらのお客様は前回の塗装が20年前であり、今回は色あせや塗料の剥がれなどが気になっていることと、年数的にもそろそろ塗り替えが必要だと感じられて見積もりの依頼をされた方でした。

今回は前回施工をお願いした住宅メーカーではなく地域の塗装店に任せたいとのことでハウジングコートに声がかかりました。

どうしても住宅メーカーに頼んでしまうと金額の面が大きく変わって工事の質の部分でも専門と専門でない差が出ることを気にされており、凄く期待をされているお客様でしたので無理に現場調査を進めるのではなく、また天気が良くなった時に現場を確認してしっかりと専門店ならではの提案をしていこうと思います。

次に12時からは外壁屋根塗装で工事に入っているお客様との打ち合わせに向かいました。

工事が始まって3日目になりますが、工事の流れやどういう風に施工をしているのかを気にされている方で、細かな打ち合わせを進めていきました。

塗装自体は10年に一度のものであり、慣れない工事でもあるので不安な事や気になるところも出てくると思います。

ですのでなるべく不安やストレスがかからないように気を配りながら現場を進めていこうと思います。

その後13時から太宰府市連歌屋で先日の台風で屋根が飛んだお宅へ屋根の確認に向かいました。

屋根を確認すると屋根自体は7年前に葺き替えをされており、その屋根の一面が三分の一ほど剥がれてしまっている状態で、施工を依頼した業者なども考えたもののどこに頼んでいいか分からないとのことでハウジングコートにご連絡いただきました。

一度ご縁を頂いた以上は今後も長いお付き合いができるようにしっかりと見積もりを作成していくとともに、台風被害ですので早急に対応を進めていきたいと思います。

さらに15時からは筑紫野市紫で屋根外壁塗装の現場調査を行いました。

こちらのお客様は元々4、5年前から塗装を考えられていた方ですが、家庭の事情もあり塗装の機会を伸ばしてきていた方でした。

今回軒天の塗装が剥がれており、外壁にもひび割れが出てきてしまったためそろそろ塗装をしないといけないと考えられていました。

正直塗装に関しては雨漏れがない場合には気にされない方も多いと思いますが、目に見える劣化が出てきた時には不安になると思います。

お客様自身も業者はネットを使って調べられており、家からも近いため真っ先にハウジングコートへご連絡がありました。

ご夫婦で住んでいるお宅でそこまで耐久性の事は考えていないと言われましたが、今後長い目で見たときに二人にとってなるべく負担のないよう色々と考え、お住まいに合った提案をしていこうと思います。

最後に17時から筑紫野市原田で工事を行っていた現場の最終点検を行いました。

元々の色からガラッと変えたこともあり、雰囲気も凄く変わってお客様も凄く気に入っておられました。

ただ気になるところが何点かあると言われたため確認していくと、やはり家自体が綺麗になったことで細かなところがより気になってしまい、補修などどうにかなりませんかと相談を受けました。

補修には可能な範囲がありますが、できるだけお客様に満足していただくために対応できる範囲は対応していこうと思います。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・小郡市・糟屋郡・大野城市・筑前町にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ