足場は外壁塗装に必須?【ハウジングコート太宰府店】

足場は外壁塗装に必須?【ハウジングコート太宰府店】

外壁塗装工事が始まった現場で足場はお住まい全体を囲っており、非常に特徴的で存在感もあるものです。

職人は足場の上を自在に動き作業を進めていきますが、足場の設置も塗装工事の一部。

当然費用がかかってきます。

足場は塗装工事全体の費用の中で約1割程度に該当するもので決して安くはない費用が発生しています。

中には二階の外壁や屋根の高さに対応したはしごで作業すれば足場がなくても作業はできるのではないか、足場の予算が浮くのではないか、とご要望を出すお客様もいますが高所作業がある以上足場の設置は避けて通れません。

確かに長いはしごを使えば高所での作業も不可能ではありませんし、塗装が出来ない訳でもありません。

しかしはしごや脚立では一度に作業ができる範囲が狭く、次の作業箇所に合わせてはしごや脚立を運んでは作業して、また運んで作業してを繰り返さなければなりません。

これではあまりにも効率が悪く、作業時間もかかってしまいます。

加えてはしごや脚立に登ったことがある方の中で、落ちてしまったりひやひやした経験がある方もいるのではないでしょうか。

プロの職人とは言え塗料やローラーを持ち運びながらの作業になるため手元の自由は以外にも制限されますし、転落してしまうケースもあります。

足元がしっかり確保される足場でさえ転落事故は絶えませんから、はしごや脚立での作業がいかに危険なことであるかはご理解いただけるかと思います。

足場が設置されることで塗料や道具などを足場の上に揃えておくことができますし、足元も広く確保されているため安全性も段違いです。

ただし作業の様子が気になったりどんな風に仕上がりつつあるのかを確認しようとして足場に登る行為は危険ですので避けましょう。

また、足場は角で頭を打ってしまうケースも時々起こりますので出入りの際には特に頭上に注意するようにしましょう。

足場は作業の効率や安全性を考えれば必要不可欠なものではありますが、同時に施主様は防犯面にも気を付けなければなりません。

足場でお住まいが囲われていることにより空き巣の侵入者が身を隠しやすくなったり、通常は出入りの難しい二階からの侵入も容易にできてしまうためです。

意外と二階の窓は鍵をかけていないと言う方も多いものです。

塗装工事に限らず足場の設置を必要とする工事を行う際にはいつも以上に戸締りを徹底するようにしましょう。

太宰府市・筑紫野市・小郡市・大野城市・福岡市・糟屋郡・筑前町にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ