外壁塗装の依頼中にあれ?と思ったらどうする?【ハウジングコート太宰府店】

外壁塗装の依頼中にあれ?と思ったらどうする?【ハウジングコート太宰府店】

外壁塗装初心者の方は塗装のことがほとんど分かりませんし、インターネットで調べてみてもどれが正しいのか分からないと言う状況に陥りやすいです。

そのため現場調査時や見積もりの内容などに違和感を覚えても「プロが言うことだから正しいに違いない」と業者任せになってしまい、結果として塗装工事が上手くいかなかったと感じてしまう方が多いです。

まず違和感を覚えた時には些細なことでも質問してみましょう。

質問に対する対応でも担当者の人柄や会社の対応力などが見えてくるため、分からないまま進めてしまうより疑問は素直に尋ねることをおすすめします。

これを踏まえて、現場調査時から見積もりの提出までに起こりやすい業者への違和感や解決策についてご紹介していきたいと思います。

はじめに現場調査ですが、現場調査では現在のお住まいの状態や各部位の面積など様々な内容の調査を行い、見積もりの作成にあたってお客様のお悩みやご要望のヒアリングも行うためしっかりと時間をかける必要があります。

隅々まで調査を行いお客様へのヒアリングを十分に行えばおおよそ現場調査の所要時間は1時間から1時間半に及びます。

これよりも短い時間になると十分な調査ができていないことが考えられるため見積もりの内容を要チェックしましょう。

現場調査から早くて数日で見積もりが完成して提出となりますが、見積もりの内容や提出時の業者の説明では違和感を覚える部分が多いかと思います。

例えば見積もりの内容が簡易的で塗装面積や材料の商品名、メーカーなども分からない場合には他の業者を検討することを考えましょう。

詳細が書かれていなくても適切な工事を行う業者ももちろんいますが、やはり内容が不明瞭であればごまかされてしまう可能性も残念ながら高いのです。

例えばシリコン塗料と言ってもメーカーによって機能や性能は様々ですし、価格にも影響します。

比較的安価なシリコン塗料を使用するにも関わらず、業者が最高級のシリコン塗料だとごまかして高い価格設定にしていてもお客様には分からないことになります。

最低限材料や塗装面積は詳細に記されている見積もりから検討することをおすすめします。

さらに見積もりと言えば気になるのは金額のことです。

中には業者が値引きや割引きを提案することがあると思います。

一見値引きや割引きは良心的に感じるものですが、許容できる値引きと明らかにおかしな値引きがあります。

値引きとして端数調整で数千円から2万円前後で行われるものであれば許容範囲ですが、10万円以上の大幅な値引きを提案された場合には要注意です。

本来無駄な予算は見積もりに含まれていないため数万円の値引きもギリギリなのですが、10万円以上の値引きとなればどの予算が削られていることになるのでしょうか。

手抜き工事を行うつもりかも知れませんし、適正価格以上の値段設定にした上で値引きのお得感を出しているだけと言うことが考えられますので、別の業者に依頼することをおすすめします。

他にも気になることがあれば積極的に業者に尋ねてみてください。

外壁塗装の経験がない方が右も左も分からないことは十分理解していますので、良心的な業者であれば親身になって回答してくれますよ。

福岡市・太宰府市・小郡市・筑紫野市・大野城市・糟屋郡・筑前町にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ