お気に入りのデザインのサイディングにはクリアー塗装をご検討ください!【ハウジングコート太宰府店】

お気に入りのデザインのサイディングにはクリアー塗装をご検討ください!【ハウジングコート太宰府店】

10月11日の流れはまず大野城市上大利で外壁の色合わせを行いました。

こちらのお客様は7月にご契約が済んでおり、お客様の要望で11月の工事にしたいと言うことでしたので工事時期をずらして11月半ばの着工予定になっています。

着工が近付いてきたため外壁の色合わせを行いましたが、ベランダ部分と玄関部分に使われているレンガ調のサイディングにはクリアー塗装を行い、その他の箇所は現状のまま塗装したいとのことでしたので直接お伺いして外壁の色に合わせていきました。

色合わせでは家全体で見えている色合いではなく日の当たっていない玄関やベランダの内壁など比較的色が褪せていない場所で合わせていくため、仕上がりは今より少し色が濃くなり新築時と同じ様な色合いとなってきます。

元の色と照らし合わせながら色を選んでいくためご希望に近い色での塗装は可能になりますが、全く同じ色を再現することはできませんので若干の違いが出てしまうことはご了承ください。

クリアー塗装に関しても色褪せの状態や劣化症状の補修跡がそのまま残るような仕上がりとなります。

ひび割れなどの補修を行った後は色を合わせてタッチアップを行いますが、こちらも色の再現には限界があるため色の違いが出ることがあります。

色合わせが終わり無事色も確定しましたので、後は着工日を確定させて工事を進めていきたいと思います。

お客様も仕上がりを楽しみにされておりますのでしっかり仕上げて満足していただけるように頑張ります。

13時からは太宰府市通古賀で屋根工事の見積提出を行いました。

先週現場調査にお伺いして築年数が16、7年で3年前に外壁の塗装をしていると言うことで今回は屋根の塗装を考えているお客様でした。

屋根を実際に確認して仕様書も確認しましたが屋根の素材がコロニアルネオとなっており、本来塗装には向かない素材となっています。

そのことも現場調査の際にお伝えし、見積もりは塗装をして10年程持たせるプランとシーガードで施工するプランでご提案しました。

今回塗装をすると数年後には割れやコケ、雨染みなどの症状が外壁に発生するケースは多く、汚れやひび割れが発生してしまうことへの不安を持たれていました。

そこで塗り替えだけでなくシーガードと呼ばれる軽量のガルバリウムを屋根に差し込んでいくカバーでの見積もりもお渡ししております。

シーガードはこれまでのカバー工法とは違い、今後のコスト面でも抑えることができますしスレートの割れを気にする必要もなくなるため、コロニアルネオの屋根に特化した材料になります。

通常の塗装よりも設置のコストは高くなりますが、従来のカバー工法に比べると安く仕上げることができるため施工の候補に入れやすいかと思います。

14時半からは筑紫野市上古賀でウッドデッキのやり替えを行っている現場の最終検査に伺いました。

こちらのお客様は10年前に屋根の塗装をハウジングコートで行っており、今回はウッドデッキを塗装するために見積依頼を承りましたが、年数も経っているため今回塗り替えて後々取り替える計画があるととのことでしたので塗り替えとやり替え工事と2パターンの見積もりを提出していました。

後々取り替え予定があるため塗装はもったいないと言うことで樹脂でウッドデッキをやり替えていくことになりました。

お客様からウッドデッキのイメージをお伺いしておりましたので、ご要望に沿ったウッドデッキが出来たかと思います。

その後は太宰府市青葉台で外壁の塗装を行ったお客様へ書類関係をお持ちしました。

外壁の作業は終わっていますが、破風板の板金工事や大工工事が入っているため外壁塗装分の請求書だけお持ちして、外構工事や足場解体も含め完全に作業が終了して工事完了となります。

追加工事があったため期間は長くなっていますがしっかり仕上げていきます。

福岡市・筑紫野市・小郡市・太宰府市・大野城市・糟屋郡・筑前町にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ