知らないは失敗の原因?最低限押さえておきたいこと3選!

知らないは失敗の原因?最低限押さえておきたいこと3選!

年々外壁塗装の工事件数は増加しており、外壁塗装への意識が高まっているように感じられます。

しかしながらそれと同時にリフォーム工事に関するトラブル相談件数も爆発的に増加している現状です。

塗装工事は避けて通れない道だからこそ、納得の仕上がりを目指して正しい知識を吸収していきましょう。

塗装が剥がれた

現在主流となっているシリコン塗料は10年以上の耐久性がありますし、フッ素や無機塗料であればさらに高耐久になります。

こうした塗料を使用していてもわずか数年で塗装が剥がれてしまうことがあります。

原価を抑えたり工事を早く終わらせるために手抜き工事を行うと塗装の剥がれが発生します。

塗装の基本は下塗り、中塗り、上塗りの3度塗りであり、この手順で正しく塗装することによって耐用年数に沿った耐久性になります。

手抜き工事では中塗りをしないことで規定量の塗料が使用されないため、防水性や防汚性などの機能が発揮されず、かえって傷んでしまう原因にもなるのです。

雨漏りが直らない

天井から雨がしたたる様子を思い描いてしまうために、雨漏りは屋根に問題があって起きているものだと思っている方が多いです。

もちろん屋根の劣化や瓦の損傷によって雨漏りが発生していることもありますが、実は原因が外壁にあるケースも珍しくはありません。

そのため、屋根に問題があると思い込んで屋根の補修をしても雨漏りが直らないことがあります。

雨漏りの補修は業者側も十分な知識を持っている必要があり、知識の浅い業者に依頼したことで間違った補修をされてしまい、悪化しただけではなく高額の費用が発生してしまったケースもあります。

色が変

実際に工事が完了してみると、イメージしていた色とは異なる仕上がりになっているといったこともトラブルとしてよく発生します。

多くの方が色見本を参考にしながら色を決めますが、色見本で見る色と実際に塗装された色では異なる色に見えてしまいます。

これは面積効果が働くためで、面積が広くなれば色はより薄く明るく見えてしまいます。

また、色見本は室内で見るのに対し建物は屋外にあるため、光の条件が異なっています。

これもイメージとは異なる仕上がりになる原因です。

出来るだけ大きな見本を見ること、見本を屋外や天気の変化に合わせて見ることでより完成時に近いイメージで決めることができます。

最後に

塗装が完成すると、次回の塗装時期までの約10年間はそのお住まいで過ごすことになります。

知らなかったことで失敗してしまっても取り返しはつきません。

ご自身でも外壁塗装について事前に調べられることがあれば準備しておきましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

 

ページ上部へ