外壁塗装は季節を選んだ方がいいの?

外壁塗装は季節を選んだ方がいいの?

外壁塗装を検討している方の多くから「梅雨時期を避けて工事をしたい」とご相談を受けます。

梅雨時期は雨が続きやすく、工事が長期化しやすい他、雨がなんとなく塗装の仕上がりによくなさそうだと思っている方が多いようなのです。

さて、外壁塗装には適した季節が存在するのでしょうか。

それぞれの季節の特徴から外壁塗装との関係性を確認してみましょう。

そもそも外壁塗装を行えない条件がある

まず初めに、外壁塗装をするにあたっていかなる季節であっても塗装工事を行えない条件があります。

「気温が5度以下である」

「湿度が85%以上である」

「雨が降っている」

この3つの条件にひとつでも当てはまる場合は塗装工事を行ってはいけません。

気温が低いと塗料の乾燥に時間がかかってしまう上、表面だけが乾燥してしまうことで塗装後すぐに剥がれてしまったり気泡ができてしまったりと施工不良の原因となります。

また、塗料は気温が低くなると固くなってしまい、工事はできるものの扱いやすさに影響するため支障をきたしてしまいます。

それから湿度が高い場合も、空気中の水蒸気が塗料に混ざることで乾燥に影響を及ぼします。

もちろん雨の場合も同様で、塗料に雨水が混入してしまう事態を避けなければなりません。

小雨でも塗料を扱うことは出来ず、雨が降っている時には湿度も高くなるため塗装工事は行えません。

塗装に向いている季節はある?

日本には四季があり、それぞれが異なる気候のため屋外で行う工事は季節の影響を受けます。

しかしながらどの季節においても塗装工事ができないことはありません。

しいて言うのであれば、塗装がスムーズに進む季節や工事中の生活への影響が比較的小さい季節が塗装工事に向いていると言えるかも知れません。

どの季節を選んだからと言って品質や仕上がりを左右するものではないことは押さえておきましょう。

安定して工事を行える季節として挙げられるのは春と秋で、多くの方がこの時期での工事を希望します。

気候が穏やかであることから工事に適した天候が続きやすく、足場で囲われた室内でも比較的過ごしやすいのが大きなメリットです。

しかし、多くの方が希望する季節でもあるためどうしてもこの時期に工事をしたい場合には早めの計画が必要になるでしょう。

反対に夏や冬に塗装工事を行う場合には、室内での過ごし方や作業の進行度に注意です。

工事中には室外機も養生されるため、エアコンを使うことができなくなります。

窓にも養生がされるため、気温が高くなる夏場は特に室内での生活に気を付けなければなりません。

また、冬は日照時間が短いことからどうしても作業時間が短くなってしまいます。

さらに、霜が降りているなどで塗装面が濡れてしまっている場合にもこれを乾燥させなければならなくなるため、作業時間を短くしてしまう原因の一つになっています。

最後に

塗装工事はオールシーズン行えるものです。

塗装工事に適した季節を選べば工事が失敗しない訳ではありませんので、あなたが満足できる工事を行ってくれる業者をしっかり見極める必要があります。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ