外壁塗装って本当に必要?

外壁塗装って本当に必要?

訪問販売業者やハウスメーカーからそろそろ外壁塗装の時期だと言われて初めて外壁塗装を意識する方もいるでしょう。

しかし見た目に目立った汚れや傷、気になる点がない場合には外壁塗装をする必要性を感じにくいものでもあります。

お金もかかりますし工事中の臭いやトラブルを考えるとできることなら外壁塗装はしたくないと思いますよね。

果たして外壁塗装は必ず行わなければならないものなのでしょうか。

外壁塗装は必要不可欠

結論から申し上げますと外壁塗装は必須の工事です。

そもそも外壁塗装とは本来見た目や劣化を修復するための工事ではなく、住まいを長期に渡って維持できるようメンテナンスを施す工事なのです。

簡単に言うと住まいの寿命を縮めないために行います。

建物は常に紫外線や雨風などの自然現象に曝されており、日々劣化しています。

こうした自然現象から建物を守っているのが塗装なのですが塗装にも寿命があり、塗りたての頃は保護効果が十分に発揮している状態ですが、保護効果が切れてしまうと外壁材が自然現象の影響を直接受けてしまいます。

塗装自体には修繕の効果はなく、外壁材やその内部から劣化してしまうと外壁塗装では対応ができなくなります。

もし外壁塗装をしないまま放置し続けるとどうなるかを次の項目で詳しく見ていきましょう。

外壁塗装をしなかった場合に起こること

外壁塗装をしない理由の一つとして費用の節約が挙げられると思います。

塗装工事には1回あたり100万円以上かかることも多いため、工事を行わなければ費用が浮くと言う考えです。

しかしこれは全くの逆効果であり、私たちは怪我をしても自然治癒で治すことができますが建物は何か問題が発生しても状況は悪くなる一方で自然に直ることはありません。

劣化症状を放置することで症状は深刻化し、そのままでは塗装工事をすることすらできなくなってしまいます。

結果的に外壁や屋根を張り替えることになったり、内部の木材の交換、最悪のケースでは家を建て直すことにまで発展します。

メンテナンスとして外壁塗装をしていれば必要のなかった工事をしなくてはならなくなり、費用も何倍にも膨れ上がってしまうのです。

*タイルやレンガなどの高耐久外壁

タイルやレンガの外壁はメンテナンスの必要がないと聞いたことはありませんか?

確かにタイルやレンガは塗装による防水メンテナンスは必要ないのですがタイルやレンガの目地にはメンテナンスが必要になります。

目地にはモルタルやセメントが使われており、目地が劣化することによってタイルやレンガが割れてしまったり落ちてしまうことがあるため目地のメンテナンスは定期的に行わなければなりません。

最後に

外壁塗装が不要であるお住まいはほとんどないため、塗装の知識を正しく身に着け適切な工事を行う心構えを養いましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ