遮熱塗料の効果ってどのくらいあるの?

遮熱塗料の効果ってどのくらいあるの?

遮熱塗料や断熱塗料を使えば室内が涼しくなると聞いたことはありませんか?

この効果を期待して遮熱塗料や断熱塗料を選択した方も多いでしょう。

中には塗るだけで涼しくなるの?と疑問に思う方もいると思います。

そこで今回は遮熱塗料や断熱塗料が持つ効果などの知識について掘り下げていきます。

遮熱塗料・断熱塗料とは?

建物に降り注ぐ太陽光を反射させることで温度の上昇を抑える性質を持っているのが遮熱塗料であり、断熱塗料は塗料の内部に熱を溜め込むことで熱を建物の中に入れにくくする性質を持っています。

それぞれに性質は異なりますが、両方の機能を併せ持つ塗料もあります。

しかし、遮熱や断熱の効果の度合いに基準はなく、これらの機能がほとんどないものでも遮熱塗料や断熱塗料として市場に出すことができるのです。

遮熱塗料や断熱塗料としていながらも実際には効果があまりない塗料も珍しくはありません。

遮熱塗料のメリット・デメリット

遮熱塗料は太陽光を反射するため、塗装面の表面温度が最大20℃低下する他、室内温度も下げることができるため節電効果が期待出来たり、熱の発生を抑制するため都市部などで起こるヒートアイランドの対策にもなる点がメリットとして挙げられます。

特に、ヒートアイランド現象の対策においては自治体によって補助金や助成金を受け取ることができる可能性もありますよ。

しかし期待する程の室温低下は見込めず、節電効果も各メーカーが提示する数値よりもかなり低いのではないかと言われています。

また、冬の太陽光も遮熱してしまうため冬場の暖房費が増えてしまう可能性も。

そして特殊な機能を持つ遮熱塗料は一般的な塗料より割高になってしまうため予算をしっかりと考えた上で選ばなくてはなりません。

断熱塗料のメリット・デメリット

断熱塗料は熱を溜め込むことで効果を発揮する仕組みですので、表面の汚れによって機能が低下する心配はあまりありません。

また、熱を逃がさないことから冬場でも温度を保つことができます。

デメリットとしては断熱塗料も遮熱塗料同様に価格は割高になってしまう他、一般塗料と同様の塗装では効果が発揮されない施工の難しさなどが挙げられます。

最後に

節電を目的として遮熱塗料や断熱塗料を選ぶ場合、節電効果以上に塗装費用がかかってしまう可能性もあります。

費用対効果やメリット・デメリットを十分に理解した上で遮熱塗料や断熱塗料を選ぶようにしましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ