光触媒塗料ってどんな塗料なの?

光触媒塗料ってどんな塗料なの?

高性能で長持ちする塗料で外壁塗装をしたいと考えている方であれば、光触媒塗料のことも一度は耳にしているのではないでしょうか。

一般的に広く使われているシリコン塗料よりも優れた塗料として代表的なのがフッ素塗料や無機塗料ですが、光触媒塗料もその一つ。

気になっているけどイマイチ光触媒塗料のことがよく分からないあなたへ、光触媒塗料を選ぶ前に知っておくべき知識を解説していきます。

光触媒塗料の特徴

光触媒塗料最大の魅力は汚れが付きにくい「セルフクリーニング効果」でしょう。

塗料に含まれる二酸化チタンが紫外線と反応することで活性酸素が発生し、ホコリや排気ガスなどの汚れを分解します。

さらに、光触媒塗料には親水性と言う性質があります。

表面に付いた水滴が水滴にならず薄く広がり水の膜を作るもののことを指し、分解された汚れの下に雨水が入り込むことで汚れが浮き上がって流れ落ちるようになります。

カビやコケの対策としても効果を発揮してくれます。

加えて耐用年数が長いこともポイントです。

光触媒塗料の耐用年数は短くても15年以上であり、20年以上持つことも期待できます。

15~20年程度の耐用年数はフッ素塗料とあまり変わらない数値です。

耐用年数が長くセルフクリーニング効果を持っているためメンテナンス回数を減らせることにも繋がります。

光触媒塗料の注意点

一見高性能な塗料に見えますが、デメリットがない訳ではありません。

長い耐用年数とセルフクリーニング効果を持つ光触媒塗料は当然ですが費用は高額になります。

塗料自体の費用はもちろんのこと、通常の塗料と異なり3回塗りの後に光触媒コーティングの工程があるため、工期が長くなり費用も高くなります。

また、光触媒塗料は比較的新しい塗料であるため、効果の実証はあまりされていません。

費用が高いことからもなかなか普及せず、データの信憑性に欠ける点には注意しなくてはなりません。

そして、デザインにもこだわりたい方は光触媒塗料はあまりおすすめできないかもしれません。

光触媒塗料は日光が当たることで効果を発揮するため、光に反応しにくい色は取り扱っておらず白がベースの色が基本になっておりカラーバリエーションは豊富ではありません。

最後に

高性能な塗料は取り扱いが難しいこともあり、技術力に優れた業者でないと上手く施工できない点にも注意が必要です。

あなたのお住まいや塗装計画に合わせて光触媒塗料を検討してみましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ