足場ってそんなに大切なの?

足場ってそんなに大切なの?

近所を見渡してみると足場を組んでいるお家を目にすることがあります。

外回りの工事が行われていると一目で分かる足場ですが、外壁塗装工事において足場が占める費用はかなり大きいもの。

それゆえに「足場は本当に必要なの?」「どうにか足場なしで工事できないの?」と思われる方がまだまだいます。

外壁塗装工事をするなら足場は必要不可欠な存在であり、職人が作業をするためだけのものでもありません。

足場が塗装工事の現場でどのような役割を担っているのかをしっかりと認識していきましょう。

外壁塗装で足場を軽視できない理由

塗装工事が始まるとまず始めに行われるのが足場の組み立てです。

その後のすべての作業において足場は様々な役割を担うことになります。

*安定した作業環境を作る

建物を覆う足場は職人が移動や作業をするために必要な空間が十分に確保されており、足元が安定することから、より正確な塗装を可能にしています。

また、塗料が入った缶や塗装に必要な道具を足場の板に置くこともできるため、常に手が塞がったまま作業をする必要もありません。

*作業効率の向上

安定した作業環境が確保されると、同時に作業効率が上がります。

作業に必要な道具を身の回りに揃えることができるため何度も道具を取りに降りる必要もなく、足場の上を自由に移動できることからも施工個所の切り替えや次の作業への移行もスムーズになることで時間を有効に使うことができるのです。

*安全性の確保

足元に十分なスペースがあると職人が体勢を崩す恐れは格段に下がり、転落事故の防止に繋がります。

また、足場を覆っているシートも転落を防いでくれます。

職人を守ることはもちろんなのですが、足場があることで施主様やご家族が出入りする場面でも高所からの道具の落下や職人の転落による事故から守ってくれているのです。

*近隣の方への配慮

足場を覆っているシートは工事中に発生するあらゆる飛散物を防止してくれます。

特に高圧洗浄では汚れた水しぶきが飛び散りやすく、シートが張られていない場合お隣のお家に汚れを飛ばしてしまう可能性が非常に高まります。

足場を組まないと言うことは飛散防止用のシートを別途用意しなければならず、作業効率が悪くなります。

足場の費用が高い!

足場を組み立てるためには「足場の組み立て等作業主任者」と言う資格を持っている必要があり、多くの場合は足場の専門業者を仲介することになります。

そのためどうしても中間マージンが発生することとなり、足場の費用は高くなってしまいます。

しかし足場の費用が高いからと足場を使わずに作業をしたり、どうにか費用を押さえたいお客様の心理を利用して値引きをしたり足場代は無料と宣伝する業者に依頼することは避けなければなりません。

最後に

足場があることで施工品質を最大限に引き出すことができます。

単なる高所作業のために組まれているものではないと言うことをしっかりと押さえておきましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ