ケレン作業って何?必要な作業なの?

ケレン作業って何?必要な作業なの?

ケレン作業って何?必要な作業なの?

外壁塗装には聞きなれない言葉が多く、どの言葉が何を指しているのか分からないと誰もが一度は感じたことがあるのではないでしょうか。

普段耳にすることのない言葉の一つに「ケレン」があります。

言葉からではケレンが材料の事を指しているのか作業の事を指しているのか全く分かりませんよね。

ケレンとは塗装工事における作業の一つなのですが、これは塗装の仕上がりを左右する重要な作業なのです。

一体どんな作業を行うのでしょうか。

ケレン作業とは?

ケレン作業の様子は一見、紙やすりやスポンジの様な物で塗装面に力強く傷を付けている様に見えます。

何故外壁が傷みそうな事をするのかと疑問に思いませんか?

ケレン作業をする目的はいくつかあり、雨戸や金属製の部位に対して行われる場合が多く、この場合はケレン作業で金属部分に発生したサビを落としているのです。

サビが残っていると綺麗に塗装をしても塗膜の下では錆が成長を続け、次第に剥がれや浮きと言った症状を引き起こしてしまいます。

これと同時に汚れも同じような症状を引き起こしてしまう原因となってしまうため、ケレン作業でサビや汚れによる凹凸を解消しているのです。

一方で「サビや汚れはないのにケレン作業をしているのだけれど?無意味に傷を付けないで欲しい!」と言う意見もあるのではないでしょうか。

実はケレン作業には塗装面を滑らかにして密着性を高めるだけではなく、あえて傷を付けることで密着性を高める目的もあります。

雨戸や板金などの金属部分に加え、樹脂製の雨樋は表面がツルツルしており塗料が付着しにくいため、ケレン作業で傷を付けることで密着性を高めているのです。

また、旧塗膜が剥がれている場合にもケレン作業が行われ、これらの事からケレン作業は「塗料が密着するように塗装面を整える」役割がある事が分かります。

ケレン作業で使われる道具

ほとんどの場合ケレン作業には紙やすりが使われます。

研磨紙やサンドペーパーと呼ばれることもあり、軽度のサビや塗膜の剥がれ、補修、塗装後の仕上げなど幅広い場面で使用されます。

紙やすりでは届かない隙間にはワイヤーブラシが使われることもあります。

特にサビの症状が顕著に現れる折半屋根ではサビや汚れを電動工具で除去する方法が取られます。

最後に

サビや汚れも塗装してしまえば見えなくなってしまうことからケレン作業をしない手抜き工事をされてしまう可能性があります。

見た目が綺麗になるだけではなく、綺麗な状態が長く続く塗装をしてもらえるように見積もりの内容や工事内容についてはしっかりと確認をしておきましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ