外壁のお手入れを自分で?汚れが気になってきたあなたに!

外壁のお手入れを自分で?汚れが気になってきたあなたに!

塗り替える時期としては少し早いけど、汚れが目立ってきて気になっているという方はいませんか?

汚れは見た目を悪くしてしまいますし、放置しておくと建物の劣化を促進してしまうため定期的にメンテナンスをして状態を保っておく必要があります。

しかしながら汚れの洗浄のためだけに業者を呼ぶとお金がかかりますし、慌てることではないと放置してしまいがちです。

そこで、業者に頼らない外壁のメンテナンス知識をご紹介させていただきます。

外壁が汚れる原因

外壁の汚れには大きく「ホコリ・排気ガス」「コケ・カビ・藻」「雨だれ」の3つに分けられます。

外壁全体にグレー系の汚れが広がっていると感じた場合にはホコリや排気ガスによる汚れが考えられます。

広範囲に少しずつ蓄積されていく汚れのため、汚れていることになかなか気が付けないことも。

緑色で目立った汚れはコケやカビ、藻です。

特に日当たりが悪くなる北面の外壁で繁殖しやすく、湿気の多い場所や近隣に草木の多い公園がある場合にはコケやカビの胞子が飛んできてしまうことも。

そしてサッシや換気フードの下に伸びた黒い筋状の汚れは雨だれです。

水が流れやすい場所であり、雨が降るたびに同じ場所を流れていくため汚れはどんどん蓄積されていきます。

症状が悪化すると汚れを落とすことが困難になってしまうため、いずれの汚れも酷くなる前に落とすことが大切です。

外壁を自分で清掃してみよう

外壁の清掃は基本的にご家庭にある道具で行うことができます。

必要な道具は「外壁用洗剤(または中性洗剤)」「柔らかいスポンジ・ブラシ」「ホース」「バケツ」「ゴム手袋」で、必要に応じて「高所用ブラシ」を用意します。

まずはホースで外壁に水をかけ、軽い汚れを洗い流しますが、水の流れを考慮して上から下にかけて洗って行くことがポイントです。

次に水で落ちなかった汚れを洗剤を使って落としていきます。

スプレー式の場合は吹き付けてからしばらく置いてブラシやスポンジで洗っていき、中性洗剤の場合はぬるま湯で10~20倍に薄めたものを使用して汚れを落としていきます。

この時力を入れて擦るのではなく、優しく拭き取る感覚で洗います。

最後に洗剤を水で洗い流して完了ですが、洗剤が残らないようにしっかりと全体を洗い流すことがポイントです。

*高圧洗浄機

ご家庭によっては家庭用高圧洗浄機を持っていると言う方もいるでしょう。

塗装工事を行う際にも高圧洗浄を行いますし、自分で外壁のメンテナンスをする際にも家庭用高圧洗浄機で清掃しようと考えるのではないでしょうか。

ここで気を付けたいのは高圧洗浄をすると塗膜も一緒に落としてしまう危険性があることです。

外壁を保護している塗膜が落ちてしまうとかえって汚れが付きやすくなったり劣化を早めてしまいます。

もし高圧洗浄機を使用するのであれば同時に外壁塗装も行うことをおすすめします。

最後に

汚れのメンテナンスはご自身でも簡単に行うことができるため、定期的にメンテナンスをしてみましょう。

もし汚れが気になっていて新築や前回の塗装から約10年が経過しているのであれば外壁塗装も検討してみましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ