チラシから業者の判断はできるの?

チラシから業者の判断はできるの?

ふとしたタイミングで外壁塗装のチラシが目に留まり、初めて外壁塗装を意識すると言う方もいるでしょう。

外壁塗装を考え始めるとどこに頼めばいいのか分からずに、まずはチラシが入っていた業者に見積もりを依頼しようと考えている方はいませんか?

チラシには情報が詰め込まれており、きちんとチラシを分析することでその業者が信頼できる業者なのか、避けたい業者なのかをある程度見抜くことができるため、まずはチラシの内容をしっかりと確認することから始めましょう。

では、チラシから業者を判断するためにはどのような点に注意しながら見ていけばよいのでしょうか。

チラシから得られる情報を確認する

チラシを配っているとそれだけで信頼のできる業者だと思われる方も少なくないのですが、チラシに書かれた内容を鵜吞みにしてしまうと危険です。

稀にあるケースですが、事実とは異なる情報が書かれている場合があるからです。

その例として挙げられるのが会社の住所で、酷い場合には実在しない住所が書かれていることもあるのです。

誠実な業者であれば正確な住所を記載することは当然ですし、会社周辺の地図を載せていることもあります。

嘘の住所だけではなく、住所自体を記載していない場合やすぐ逃げられるようにマンションの一室を住所にしている場合などがありますので、一度住所をインターネットで検索し、地元に根付いた業者であるかを確認すると安心です。

また、あなたが見たチラシにはとてもお得に感じてしまう「半額!」「○○%オフ!」「コミコミプラン!」などの記載はないでしょうか。

お得にお安く工事ができるに越したことはありませんから、このような情報には惹かれてしまいます。

しかしながら明らかに安い価格の場合、きちんと工事を行ってもらえない危険性が高まります。

外壁塗装の価格は「塗料・材料代」「人件費」「足場代」「会社の利益」(+ハウスメーカーや訪問販売業者などの場合は下請けにかかる諸費用)の内訳から決められているため、品質を保つためにはある程度の費用が発生して当然なのです。

それにも関わらず割引を行ったり明らかに相場よりも安い場合には塗装後にトラブルが発生する恐れもあります。

更に業者の実績や保証・アフターフォローの記載があるかの確認も行いましょう。

施工した住まいの写真や施工棟数を記載しているチラシは多いですが、中でも公的な施設や企業での実績は安心材料の一つと言えます。

外壁塗装は万が一施工ミスがあった場合でも完成直後の見た目は規定通りの塗装をした場合とほとんど変わりはありません。

しかし施工不良があった場合には塗装から2、3年で異変が生じます。

この時保証やアフターフォローのサービスが充実している業者であれば無償で手直しをしてくれるものです。

もし施工不良ばかりを起こすような業者であれば手直しに追われることになり、外壁塗装工事をしている余裕もなくなってしまいます。

つまり保証やアフターフォローが充実している業者であれば施工品質に自信を持っている証拠にもなるため、一つの判断材料にすることができます。

最後に

チラシから判断するのであれば一つのチラシで判断するのではなく、様々な業者のチラシを比較して業者の選定を行うようにしましょう。

その上でホームページなどを確認して業者のことを更に深掘りしていくことが大切です。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ