シリコン塗料が主流にも関わらずウレタン塗料が活躍しているワケとは?

シリコン塗料が主流にも関わらずウレタン塗料が活躍しているワケとは?

かつては最新の塗料として広く使われてきたウレタン塗料も、シリコン塗料やフッ素塗料の登場により徐々に活躍の場は少なくなってしまいました。

耐用年数もシリコン塗料やフッ素塗料に比べると短いながら、ウレタン塗料は今もなお塗装の現場で活躍しています。

高性能な塗料ではなくウレタン塗料が使われるのにはちゃんとした理由があります。

4つの塗料グレード

ウレタン塗料は4つのグレードに分けた時に下から2番目のグレードに該当します。

最もグレードが低い塗料はアクリル塗料で、耐用年数や耐候性の低さ、コストパフォーマンスが悪いなどの理由から費用は最も安いものの住宅の塗り替え工事に使われる機会はほとんどなくなっています。

ウレタン塗料よりも1つ上のグレードが最も人気のシリコン塗料で、コストパフォーマンスが抜群であることが理由で広く使われるようになりました。

さらに上のグレードであるフッ素塗料は高耐久ではあるものの価格が高く、選ばれる機会はあまり多くはありません。

ウレタン塗料の特徴

シリコン塗料が主流の現在でもウレタン塗料が活躍している理由は、シリコン塗料やフッ素塗料にはない性質を持っているためです。

ウレタン塗料最大の特徴として挙げられるのが「弾性」であり、特別に弾性塗料を選ぶことなく軽度のひび割れの抑止をすることができます。

地震などの大きな力には対応できませんが、ウレタン塗料でも弾性塗料を使用することである程度の負荷がかかっても外壁を守ってくれます。

また、密着性が高いことも特徴でウレタン塗料はほかの塗料に比べしっかりと下地に付着します。

密着性が高いことで、雨樋などの複雑なパーツを持つ部材との相性がいいのです。

ウレタン塗料を外壁塗装に採用してもいい?

ウレタン塗料の耐用年数は10年弱であることから、色や雰囲気を定期的に変えたいと言う方や建物を売りに出す前に塗装をしてからにしようと考えている方にはお勧めの塗料かもしれません。

また、先述の通り弾性や密着性に優れているためひび割れが起きやすいモルタル外壁であればウレタン塗料の性能が発揮されますし、細かい部分の作業が求められる付帯部への塗装にはウレタン塗料は活躍するでしょう。

ただし、付帯部にウレタン塗料を使用する場合は外壁や屋根に使用する塗料のグレードと差があると塗装時期にズレが生じてしまうことに気を付けましょう。

最後に

ウレタン塗料に限らずどの塗料を選ぶ場合でも基本的な作業が行われていなければ十分に性能が発揮されることはありません。

それぞれの塗料に魅力はありますが、正しく施工してくれる業者と打ち合わせ最終的に使用する塗料を選ぶとよいでしょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ