瓦屋根の基礎知識とメンテナンスをおさらい!

瓦屋根の基礎知識とメンテナンスをおさらい!

瓦屋根は高耐久・高寿命が魅力で和風住宅を中心にかつては多くの建物に使われていました。

現在でも根強い人気を誇る瓦屋根は、その耐久性からメンテナンスのタイミングが他のコロニアル屋根やガルバリウム鋼板と異なります。

ここでは瓦屋根の特徴を抑え、適切なタイミングでメンテナンスが行えるように基礎知識をおさらいしていきましょう。

瓦屋根の特徴

瓦屋根が持つ特徴は耐久性の高さに代表されますが、瓦は焼いて作られているために紫外線の影響を受けにくく、色褪せや腐食が起こりにくいことからその高耐久性を実現しています。

耐久性が高いだけではなく、もしヒビや割れが発生してしまった場合でも該当箇所の交換のみで済むためメンテナンスのしやすさも特徴です。

また、屋根の下地と瓦の間にあるわずかな空間が外の熱を伝えにくい特徴を持っており、夏は室内に熱が伝わりにくく冬は湿気がこもらないため結露が発生しにくいと言った点も備えています。

しかし瓦屋根もメリットばかりではなく、自然災害には弱い面を持っています。

台風や地震によって瓦が落下する危険性が高いほか、瓦自体の重量によって建物に負荷がかかってしまうこともデメリットでしょう。

瓦の寿命は?劣化はするの?

屋根材として現在主流のコロニアル屋根は定期的なメンテナンスをした状態で約30年、注目が高まるガルバリウム鋼板は約25~35年で定期的なメンテナンスが必要になります。

これらの屋根材よりもはるかな耐久性を持った瓦はいぶし瓦で約30~50年、釉薬瓦になると約50~100年と圧倒的な寿命です。

そんな瓦屋根ですが全く劣化をしない訳ではなく、メンテナンスや修繕が必要になる場面はいずれ訪れます。

最も起こりやすい劣化症状として挙げられるのが瓦の割れやズレです。

地震や台風などの衝撃により割れやズレが生じるものや、屋根全体の負荷がかかることでズレが生じるものなどがあります。

割れやズレを放置してしまうとやがて雨漏りや腐食が発生してしまうため早期の解決が望ましいです。

先ほど瓦の寿命は50年以上と説明しましたが、瓦だけでなくコロニアル屋根やガルバリウム鋼板、外壁材に至るまでの寿命は定期的なメンテナンスを行った場合のものです。

耐久性に優れた屋根材であるがゆえにメンテナンスを疎かにしてしまいがちですが、こまめな点検やメンテナンスで瓦をしっかり守りましょう。

最後に

瓦屋根についておさらいしていきました。

耐久性や長い寿命が魅力の瓦屋根ですので、その魅力を最大限に生かすためにも定期的なメンテナンスは欠かさないようにしましょう。

福岡市東区・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事リフォームをご検討の方は信頼と実績のある塗装屋、ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ