その値下げ、本当に信用できますか?

その値下げ、本当に信用できますか?

外壁塗装は一度に100万円以上のお金がかかるため、どうしても大きなお金が出ていく感覚を覚えるでしょう。

そのためできるだけ安く工事を行ってくれる業者を探してはいませんか?

安く工事ができるのであれば非常に嬉しいことですが、安さを実現した一つの理由として値下げが行われたのであれば注意した方が良いかもしれません。

どんな業者であっても値下げを行ってくれることはありますが、中には危険な値下げが潜んでいることもあります。

業者からの値下げをしっかり疑えるように値下げに隠された危険性を解説していきます。

外壁塗装には適正価格が存在する

外壁塗装では高圧洗浄を行い徹底した下地処理と塗料は三回塗りなど行わなければならない作業があり、正しい工事に最低限必要な費用が適正価格になります。

適正価格よりも価格が安い場合には正しく工事を行えなくなりますし、高い場合には必要以上の費用を支払うことになります。

決して安くていい工事ができる訳ではありませんし、高ければいい工事ができる訳でもないことをまずは押さえておきましょう。

値下げの裏側

外壁塗装に限らず、価格競争が起こることで値下げが行われることはどの業界でも言えることです。

飲食業界でも値段が下がったと思えば量が減ったのではないか?今まで余計にお金を取られていたと言うこと?と不信感を募らせる声が多く上がります。

つまり値下げが行われると言うことは、値下げが行えるだけの理由が潜んでいるのです。

これを外壁塗装に当てはめると「塗装の質が下がるのではないか?」「手抜きをするのではないか?」となります。

値下げを行い安さをアピールする業者とは契約をしないことがおすすめです。

危険な値下げ

優良業者であっても値下げは行いますから、すべての値下げが危険である訳ではありません。

気を付けたい値下げの内容は「10万円以上の値下げである」「工事プランそのままの値下げである」ことです。

外壁塗装において10万円費用が下げられると言うことは必要な材料を揃えられなくなったり、必要な作業が行えなくなったりと工事に直接影響します。

それでも工事は行わなければならないため、費用が足りない部分は必要な部分から削ってしまうことに繋がるのです。

これがプランの内容そのままに行われていた場合には尚更でしょう。

工事内容はそのままに工事に必要な費用は減らされているのです。

この状態で適切な工事ができるとは思えませんよね。

最後に

優良業者による値下げはなぜ値下げができるのかをきちんと説明してくれます。

値下げが行われた場合には値下げの根拠を聞くことで手抜き工事などからあなたのお住まいを守ることができるでしょう。

福岡市東区・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事リフォームをご検討の方は信頼と実績のある塗装屋、ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ