外壁塗装中は空き巣に狙われやすい!?

外壁塗装中は空き巣に狙われやすい!?

外壁塗装に臨む方はいろんな思いを抱えてようやく工事を迎えることになると思いますが、工事が始まってもまだまだ気を抜くことはできません。

外壁塗装中のお家は空き巣に狙われやすいことはご存知でしょうか。

塗装の仕上がりとは直接関係はないものの、塗装工事をする上では十分に気を付けなければならないポイントです。

空き巣の被害に遭わないためにもこの記事を参考にしっかり対策をしていきましょう。

外壁塗装中のお家が空き巣に狙われやすい訳

塗装工事が始まったお家は空き巣に入りやすい環境になっています。

その理由の一つとして挙げられるのが足場です。

手の届かない二階の外壁や屋根の塗装をするために足場を組みますが、意外にも足場の昇り降りは誰でも簡単にできるものなのです。

侵入口が多い住宅程空き巣に狙われやすくなってしまい、足場が組まれていることにより通常は侵入が困難な2階からの侵入も許してしまうため、より空き巣被害の危険性が高まってしまいます。

さらに足場は工事の期間中設置されているため防犯が重要になります。

また、足場には養生によりシートが張られることで外からの視認性が下がります。

実際に工事中の現場で職人が作業している様子が分かりにくいと感じたことがある方もいるでしょう。

このように養生が家を覆っている状態では足場に人がいても気が付きにくく、2階からの侵入も可能になってしまうことから空き巣にとっては都合がいい環境になってしまうのです。

工事中の空き巣対策は?

工事期間中でも買い物やお出かけなどでの外出は避けられないため、留守にするのが不安になるかと思います。

しかし当然のことではありますが、外出時の戸締りを徹底することが一番の防犯になります。

外出の際は玄関だけでなくすべての窓の戸締りを確認するようにしましょう。

日中などは特に「職人さんが作業しているし少しだけなら…」と思いがちですが、職人が目を離している間に万が一被害に遭ってしまっても業者が責任を取ることはできませんし、業者を疑いかねませんので少しの外出でも戸締りは徹底します。

*隣の家の足場が利用されて空き巣に遭うことも!?

隣の家との間隔が狭い住宅地では隣の家に建てられた足場を利用して隣人の方が空き巣被害に遭った事例もあります。

あなた自身が工事を行っていない場合でもご近所で塗装工事が始まった時には戸締りの徹底をおすすめします。

最後に

塗装工事期間中は普段よりも様々な場面で気を付けなければならないことがあります。

安心安全に工事を終えるためにもできることから始めてみましょう。

福岡市東区・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事リフォームをご検討の方は信頼と実績のある塗装屋、ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ