濃い色を使って塗り替えたい時のポイントは?

濃い色を使って塗り替えたい時のポイントは?

外壁塗装を検討している方の中で「赤や黒などの濃い色で塗り替えてみたいけど奇抜にならないか不安…」「濃い色を選びたいけど失敗したくない…」とお悩みの方はいませんか?

定番カラーのホワイトやベージュと比べると確かに目立つ印象ではありますので、濃い色を選びたくても結果的に無難な色で落ち着かせる方は多いです。

しかしせっかくの塗り替えですので好きな色を選びたいですよね。

そこで今回は濃い色を選んでも失敗しないポイントを解説していきますので、今お悩みの方は是非参考にされてください。

濃い色を選んでも失敗しないポイント

濃い色で塗り替えたい場合、メンで使用する色ばかりに捕らわれがちですが、お住まいの印象を決めるのは外壁の色だけではないことをまずは押さえておきましょう。

その上で注目したいのがまずサッシの色です。

ヨーロッパ風に仕上げたお住まいや実際の異国のお住まいのサッシを見てみるとほとんどが白色になっていると思います。

サッシに白を取り入れることでメリハリが出るだけでなく、明るく上品な印象に仕上がります。

濃い色を外壁に選んでいる時にブラウンや黒などの同じように濃い色を選んでしまうと全体的に重い雰囲気になったり奇抜さを増長させますので注意が必要です。

同様に軒天の色も外壁より明るい色を選んであげましょう。

基本的に軒天は白系が選ばれますが、外壁が濃い色の場合でも明るい色を選ぶこともポイントです。

また、塗料を塗ると外壁にツヤが出ますが濃い色の場合はツヤ消しを選ぶと落ち着いた印象に仕上がりやすいです。

ただしツヤ消しにする場合は「耐久年数が短くなってしまう」デメリットがあります。

ツヤ消し塗料は通常ツヤのある塗料に添加物を混ぜて作られるため塗料としての性能が下がってしまいます。

分かりやすく言えば不純物が入っていると言うことです。

ツヤのある塗料も経年劣化によりいずれはツヤがなくなってしまいますので、耐久年数を重視してツヤありの塗料を選んでもいいでしょう。

いずれの場合でもそれぞれにデメリットがあることを押さえておけるとなおいいです。

最後に

色選びは難しいながらもどの色に塗り替えようかとわくわくするものでもあります。

理想の仕上がりをしっかりとイメージして後悔しない色選びをしていただけたらと思います。

福岡市東区・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事リフォームをご検討の方は信頼と実績のある塗装屋、ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ