ベランダやバルコニーのメンテナンスも!防水工事とは?

ベランダやバルコニーのメンテナンスも!防水工事とは?

「雨漏りは起きていないけど塗装工事の機会にベランダの工事も一緒にやった方がいいのかな?」

防水工事を行うか行わないかは多くの人が直面する悩みの一つです。

外壁塗装の経験はあるけれど防水工事はまだしたことがない、と言う方もいるのではないでしょうか。

そんな悩みを解決するべく防水工事についての詳細をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

防水工事と施工法

傾斜がなく、雨が降った際に自然な排水が行えないベランダやバルコニー、屋上には新築時に防水工事が施されています。

防水工事には施工場所や用途によっていくつかの施工法があり、代表的な防水工事として「ウレタン防水」「FRP防水」「塩ビシート防水」「ゴムシート防水」「アスファルト防水」が挙げられます。

ウレタン防水は木造住宅におけるベランダやバルコニーで最も広く採用されている工法です。

液体状の防水材であることから複雑な形状にも対応できることや継ぎ目のない防水膜を形成できること、異なる素材の防水層があっても上から施工することができる点など様々なメリットを持っています。

FRP防水は鉄骨造や鉄筋コンクリート造の建物で見かけることが多く、熱や紫外線、車両歩行など様々な要因にも耐えられるほどの耐久性を誇ります。

ただし、材料費は比較的高価になります。

塩ビシート防水やゴムシート防水はどちらもシートを下地に貼る工法ですが、塩ビシート防水はジョイント部分を溶かして接合するのに対し、ゴムシート防水では接着剤や粘着テープを用いて接合するなどの違いがあり、現在ではゴムシート防水はあまり使用されない工法となっています。

アスファルト防水はビルの屋上などに使われる工法で、古くから用いられている工法でもあります。

防水層が厚く防水性能や耐用年数は高いものの、重量がかかるため木造建築には向かない工法です。

防水工事は必要?

ベランダやバルコニーの下にあたる部分からの雨漏りがあれば立派な工事タイミングのサインですし、防水の効果が切れると水が溜まっていたり防水層に浮きや剥がれがある、ひび割れが入っている場合には防水工事を請け負っている業者に点検を依頼してみるといいでしょう。

最後に

外壁塗装を検討し始めた際には防水工事のことも同時に検討してみるといいでしょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ