工事期間中に雨が降ったらどうなるの?

工事期間中に雨が降ったらどうなるの?

家の外を工事する外壁塗装は天候の影響を受けやすく、天候によっては作業がスムーズに進まないことも珍しくありません。

中でも雨天時の施工は気になるポイントでもあります。

雨の日に工事は行われるの?雨の日に工事を行うとどうなるの?と言った疑問をここでは解消していきましょう。

雨の日の外壁塗装

国土交通省が定める仕様書や塗料メーカーの規定には気温が5度以下あるいは湿度が85%以上の場合は塗装を避けるようにと言った記載があるように、外壁塗装を雨の日に行うことは基本的にできません。

湿度が85%以上もしくは雨天時には雨などの不純物が塗料に混ざる恐れがあり、品質に影響を及ぼす可能性も考えられます。

また、雨天時の視界は悪く作業効率が下がってしまいます。

足場が濡れていることで滑りやすくもなりますし、職人の安全が確保されない状態にもなります。

これらのことから塗装の仕上がりに影響する雨の日には塗装工事を行わないことが原則です。

*もし作業の途中で雨が降ったら?

作業開始時から雨が降っていれば当然作業は中止になりますが、作業の途中で雨が降り出してしまうことも考えられます。

しかし、雨の中塗装工事を行うと塗料が雨に流されてしまい品質に影響を及ぼします。

そのため途中で雨が降り出してしまわないように業者が対処する必要があります。

事前に雨が降りそうなタイミングを予測して作業を避けたり、万が一雨が降ってしまった時でもきちんと対応できる業者を探すことが大切です。

*ただし…

雨が降ると工期が伸びてしまうことは避けられません。

ある程度は業者も雨による影響を考慮して工期を定めていますが、それでも雨が続いてしまい工期が伸びてしまうことも。

足場の設置や高圧洗浄などは雨の日でも行えますし、そのほかの作業でも雨の影響を受けないものであれば雨天時にも作業が行われることもあります。

雨の日に塗装をすると

雨水が塗料に混ざることで薄まってしまったり雨によって塗料が流れてしまうなど、雨の日に無理矢理塗装を行ってしまうと仕上がりや品質に影響します。

足場に囲まれた生活はストレスも溜まってしまいますが、仕上がりを考慮した上での判断になっていることを頭に入れておきましょう。

また、雨の日には湿度が高くなることから塗料が乾きにくくなります。

塗料は完全に乾いてから塗り重ねる必要があるため、不完全な乾燥状態になってしまわないためにも天気が優れない日には作業を中止します。

最後に

塗装工事期間中に雨が降ることは珍しくありません。

雨の日の作業はどうなるのかを事前に確認したうえでしっかりと対応を説明してくれる業者を選ぶようにしましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ