ローラー塗装と吹き付け塗装はどちらで工事してもらうべき?【太宰府市・小郡市にお住まいの皆様へ】

ローラー塗装と吹き付け塗装はどちらで工事してもらうべき?【太宰府市・小郡市にお住まいの皆様へ】

外壁塗装にはローラーを使用する塗り替えと機械を使用する吹き付け塗装があるのをご存知でしょうか。

現在外壁塗装を行う際にはほとんどがローラーによる施工となっています。

「吹き付け塗装では長持ちしないからローラー塗装をしているの?」

と言った疑問を持たれる方もいるでしょう。

ローラー塗装も吹き付け塗装も業者によって意見が異なりますが、まずはそれぞれの特徴やメリット・デメリットを抑えていきましょう。

ローラー塗装の特徴

主に外壁塗装で使われているのは毛のローラーで、施工箇所や色によって使い分けがされています。

ローラー塗装最大の特徴は塗料の飛散を抑えられる点です。

塗料がローラーに含まれており風の影響を受けても塗料が飛散しにくいため、近隣との距離が近い住宅事情には適しています。

また、塗料の飛散が抑えられるため飛散によって塗料が無駄になることもありません。

面積の広い外壁や屋根に対しても比較的スピーディーに仕上げることができる点も特徴の一つです。

しかし、塗装箇所や色などによって様々な種類のローラーが必要となり、比較的スピーディーな塗装が可能であっても施工の速さは吹き付け塗装には劣ってしまいます。

吹き付け塗装の特徴

ローラー塗装が主流になる以前は機械による吹き付け塗装が一般的でした。

何よりも作業効率がよく、ローラー塗装では難しい模様をつけて塗装をすることができます。

作業効率の面から今でも大規模な建物の塗装では吹き付け塗装が選ばれることも多いです。

その反面塗料を飛ばして塗装するため塗料の飛散による影響が大きい面があります。

塗料に無駄が発生してしまうだけでなく、風の強い日には作業ができなかったり建物が密集している場合には作業が難しくなりますし、飛散対策の養生にも手間がかかってしまいます。

また、機械を使用するため騒音が問題になることもあります。

ローラー塗装と吹き付け塗装の仕上がりの差は?

外壁塗装をするならきれいな仕上がりや長持ちする塗装を希望したいものですが、どちらの方法で塗装をしてもらえば実現するのでしょうか。

実際は施工手順や塗膜の厚みなどをしっかりと守れていればどちらの方法で塗装しても仕上がりに差はほとんどありません。

つまり職人の技術力が何よりも重要だと言うことです。

現在では業者の意向によりローラー塗装になることが多いですが、まずは信用できる業者を探すことがポイントとなるでしょう。

最後に

ローラー塗装は「塗膜を厚く塗れるから長持ちする」、吹き付け塗装は「均一に塗装できるから安心」とも言われますが、どちらの方法でも正しく施工することで綺麗に仕上げることができます。

ただし、現在の住宅事情などからローラー塗装が主流である点は押さえておくと良いでしょう。

福岡市東区・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事リフォームをご検討の方は信頼と実績のある塗装屋、ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ