今更聞けない?サイディングの塗装って?【ハウジングコート太宰府店】

塗装シーズンに入り塗り替えを考え始める方が多くなる季節になっています。

この時期に塗装をするために見積もりを取られる方や年内に工事を終わらせたいと希望される方が増えているのが現状です。

そこで現場調査時や塗装を考えている方からの質問で多いのは「サイディングボードの塗装方法」です。

現在のお住まいはサイディング外壁が主流になってきており、塗装をする方のお住まいにもサイディングボードが使われているケースが多くなってきていますので、今回はサイディングの塗装についていくつかお話していこうと思います。

まず外壁塗装は築10年以上経っている場合や色褪せ、チョーキング、コーキングの割れなど目に見える劣化が表れて考え始めるようです。

サイディングボードは素材によって種類は様々ありますが、築年数が経過することによって表面の塗膜が劣化してしまい、ボード自体が水分を含んでしまったり紫外線の影響を受けるようになります。

そこで塗装により塗膜を形成することで水分や紫外線からサイディングボードを守ることができます。

また、サイディングボード自体の反りや割れは水分を含んでしまったことにより発生しており、始めのうちは軽微な反りですが症状が進んでしまうとボード自体の割れに発展してしまいます。

塗装によって割れを補修することはできませんし、反りを補修することにも限界があるため早め早めの手入れがポイントとなります。

他にもサイディング外壁のお住まいにおける症状としてコーキングに劣化が発生してしまうケースがあります。

新築時のコーキングはむき出しになる形で施工されており、日当たりのいい面ではゴム質のコーキングに紫外線による痩せや割れがよく出てきます。

コーキングに関しては打ち替えと言う施工方法を推奨しています。

打ち替えとは古いコーキングにカッターを入れて剥ぎ取り、プライマーを塗布した後新しいコーキングを充填していく作業になります。

塗り替えをする場合にはコーキングの打ち替え後に塗装を行うことで新築時とは異なり、コーキングの上に塗膜が形成されるため塗膜の分コーキングを長持ちさせることが出来ます。

コーキングの打ち替えまで終わると今後のご計画をから次回以降の塗装をいつ頃に考えているのか、何年塗装を持たせたいのかと言うご要望の元塗料を選んでいき、ご希望に合わせた塗料で塗装を行っていきます。

他にも色分けによって塗装の進め方に違いがありますが、色分けやデザインについてはまた後日お話します。

福岡市・太宰府市・小郡市・筑紫野市・大野城市・糟屋郡・筑前町にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ