外壁は何年で塗装するのがベスト?【ハウジングコート太宰府店】

外壁は何年で塗装するのがベスト?【ハウジングコート太宰府店】

ハウジングコートであれば塗装の現場調査を行っていく際に、まずはお客様からの問い合わせで見積もり依頼があり現場調査へお伺いする流れになりますが、事前にお客様から今気になっている個所について聞き取りをした上で、現場調査へお伺いした際にも必ず今気になっていることを確認しております。

中には年数的に10年を過ぎているためそろそろ塗装だと考えている方もいますし、この様な方からは「一般的に何年周期でみなさん塗装されているのですか」と言う質問を多く受けます。

そこで今回は外壁塗装は何年を目処に考えればいいのかについてお話します。

外壁塗装を考えられているお客様はチョーキングや色褪せなどの目に見える劣化が出てきたことで塗装を意識される方も多いですが、10年を過ぎていて特に気になるところはないが年数的にもそろそろだと言うことでご相談される方も多くいらっしゃいます。

特に気になるところがないお客様でも現場調査を行って家をしっかりと見ていくと気付かない個所で劣化が進行している状態が見付かります。

築年数だけではなく立地なども関係してきますが、現状で起きている劣化として多いものにコーキングの劣化が挙げられます。

特に建物の日当たりのいい面で起こりやすく、反対に日当たりの悪い面ではコケが目立つことも多くなっています。

この様な症状が目に見えるようになる時期がおおよそ10年前後であることから、問い合わせの中でも築年数が10年目が多い印象を受けます。

また、外壁材に使っている素材によっても耐用年数が異なります。

例えば大手のメーカーが作っているサイディングでは10年経っても劣化があまりしていないと言うケースもあります。

ですので一概に10年が経ったら塗装とは言い切れませんが、現在のお住まいに使われている外壁の素材によって塗装が必要な時期は異なってきます。

年数ももちろん大切にはなりますが、家の傷み方によっても塗装時期は大きく左右されます。

10年経っても外壁に目立った傷みがなければすぐにしなければならない事はありませんし、反対に10年が経つ前に傷みが激しくなっている場合もありますので、まずは業者にご相談していただけると外壁塗装の時期も見えて来るかと思います。

外壁は何年で塗り替えが必要と言った決まりはありませんが、劣化が進む前に早め早めの対応をすることでお住まいの劣化を最小限に抑えることができ、今後長持ちさせることにも繋がりますので時期を遅らせるのではなく、なるべく早めの工事をおすすめします。

福岡市・太宰府市・小郡市・筑紫野市・大野城市・糟屋郡・筑前町にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ