外壁塗装っていつすればいい?補修のタイミングは?

外壁塗装っていつすればいい?補修のタイミングは?

築年数が経過すると徐々に色あせや汚れが目立つようになり、やがてメンテナンスが必要になります。

しかしそのメンテナンスをいつ行えば良いのか、タイミングがよく分からないと思ってはいませんか?

外壁には様々な症状が現れ、症状によっては急いで補修を行いたいものから慌てて工事を行う必要のないものまで様々です。

そこで今回は症状別に見る補修のタイミングについて見ていきましょう。

劣化の症状で見る補修の必要性

外壁に現れる症状の中でも今すぐに補修を行う必要がないもの、できるだけ早く補修をしたいもの、緊急性が高いものに分けられます。

*緊急性ー低

例えば雨だれやホコリ、排気ガスなどによる汚れは少し気になる程度のものであれば慌てて補修をする必要はありません。

ただし、汚れも建物の劣化を早める原因の一つですので年に一度は外壁の掃除をするとよいでしょう。

また、ヘアークラックと呼ばれる幅が0.3㎜以下のひび割れも緊急性が問われるものではありません。

急いで補修をする必要はありませんがひび割れは進行する可能性があるため、もしヘアークラックを発見した際にはひび割れが進行していないかを定期的に確認するようにします。

*緊急性ー中

ひび割れが0.3㎜以上になると補修を検討する必要が出てきます。

ヘアークラックは表面的なひび割れであるのに対し、0.3㎜以上のひび割れになると外壁の奥まで割れてしまっている可能性があります。

ひび割れが雨水の侵入経路になってしまい、雨漏りや躯体の腐食を招く恐れがあります。

同様にコーキングの割れも注意したいポイントで、コーキングの割れからも建物内部に雨水が侵入してしまいます。

その他外壁塗装を検討するタイミングとして色あせやチョーキング、剥がれが挙げられます。

塗膜の劣化が進むと色あせが発生し、防水機能が低下するとチョーキングが発生するようになります。

また、建物が水分を含むことで塗膜が剥がれるようになり防水機能が完全に失われてしまうため早めの塗装を検討します。

*緊急性ー高

雨漏りの緊急性は高く、室内に雨漏りが発生する頃には建物内部に水分が蓄積されており、断熱材や柱を腐食させている可能性があります。

場合によってはアレルギー症状を引き起こすカビが発生したり、カビを餌にするダニが繁殖してしまうことも。

雨漏りをしてきたと軽く捉えず、急いで補修してもらうようにします。

最後に

補修が必要な症状が現れた場合、部分的な補修をすることも可能ですがその他の部位も劣化を進めていることやコストの面を考えても外壁塗装と言う形で補修を行うことをおすすめします。

また、早期に劣化を起こさないために優良業者に依頼することも大切です。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ