タイルの外壁はメンテナンスフリー?

タイルの外壁はメンテナンスフリー?

高い耐久性を持ったタイル外壁は「メンテナンスフリー」だと言われることがしばしばあります。

メンテナンスの必要がなければ夢のような外壁材ですが、本当にメンテナンスの必要がないのだろうかと疑問に思うはず。

ここではタイルの特徴やメンテナンスの必要性など、タイルにまつわる話をご紹介していきます。

外壁タイルとは?

石や砂、無機質の素材を高温で焼き固めた建材がタイルであり、外壁だけでなく内壁・床・浴室など様々な部位に用いられています。

高級感があり耐久性も高いことから人気の外壁材の一つになっています。

紫外線や雨風の影響を受けにくく変色などの劣化が起きにくいほか、吸水率が約1%と非常に低いため雨から建物を守ることに優れています。

万が一地震などの災害によりタイルが剥がれてしまっても剥がれた箇所のみの補修で済みます。

このように魅力的な外壁材ではありますが、耐久性に優れたタイルは初期費用が他の外壁材と比べ2倍近くかかってしまいます。

初期費用が高く諦めてしまう方もいますが、トータルコストの観点ではタイルの方がお得になることもあるため今後の計画と合わせて選定するとよいでしょう。

タイルはメンテナンスフリーなのか

気になるメンテナンス問題ですが、タイルには塗装によるメンテナンスの必要性はありません。

ただし付帯部や目地は劣化してしまうため、これらの部分の塗装や補修のメンテナンスは必要になります。

補修が必要なタイルの劣化症状を見てみましょう。

*白華現象(エフロレッセンス)

タイルの表面に現れる白い汚れは、モルタルやコンクリートが雨水と化学反応を起こした結果表面に流れ出た水酸化カルシウムです。

建物そのものへの影響はあまりありませんが、タイルの隙間やひび割れから雨水が侵入したケースもあるためまずは業者に相談してみましょう。

*浮き・剥がれ

下地のモルタルの劣化や施工不良によってタイルが浮きや剥がれを起こすことがあります。

剥離・落下による事故も発生しているため、業者に定期点検をしてもらい不具合がないかを確認することが大切です。

*ひび割れ・破損

タイルが劣化することは珍しいのですが、まれにひび割れや破損を目にすることがあります。

ひび割れや破損が発生した場合には既存のタイルの張替えもしくはシーリング材などを用いた補修などを行います。

進行することで剥離や落下も招いてしまうため早めの対処を心がけましょう。

最後に

高級感があり、デザイン性にも優れたタイルには魅力が詰まっています。

おすすめの外壁材の一つでもありますので、タイルが気になっている方は見学会などを利用し検討するとよいでしょう。

福岡市東区・太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事リフォームをご検討の方は信頼と実績のある塗装屋、ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ