外壁に現れる経年劣化について考えてみましょう【ハウジングコート太宰府店】

外壁に現れる経年劣化について考えてみましょう【ハウジングコート太宰府店】

これからの季節に向けて塗装工事を考え始める方や塗装を予定されている方が徐々に増えてきました。

見積もり依頼をされるお客様の中でも築10年以上が経過していたり、前回の塗装から10年以上が経過している方が多く、塗装の一般的な目安として10年を考えられている方が多いようです。

あるいは10年が経過する前でも外壁に何かしらの劣化が出てきたことが気になり塗装を考え始める方もいます。

そこで今回は外壁の経年劣化についてお話していこうと思います。

先ほどお伝えしたように築10年や前回の塗装から10年が経過する時期になると外壁には様々な症状が目立つようになり、一般的に塗り替えの目安とされるタイミングになります。

 

劣化症状の中でも現場調査時によく見られるものとしてサイディングボードを使われているお住まいであればコーキングの割れや外壁全体の色褪せなどの劣化が挙げられます。

中には築10年に満たなくてもボード自体が割れてしまっているような場合もあります。

そしてモルタル外壁の場合はクラックなどの劣化症状が見られるようになります。

どうしても経年劣化としてモルタル外壁にはクラックが出やすくなっており、塗装や補修、防水を行うことで劣化の進行を遅らせることができます。

また、コケや汚れもサイディングに比べると付着しやすくなっているものの外壁の素材を問わず、見栄えを気にされて塗装工事を考え始めたと言う方は多くいらっしゃいます。

しかし塗装の一番の役割としては補修や防水を行うことでお住まいの状態を維持していくことになります。

ですので塗装時期を遅らせて劣化症状を放置してしまうのではなく、早め早めに手を入れることがお住まいを守る大切なポイントとなります。

塗装の際に使用する塗料によって機能性や耐久面が異なるため、どのような塗装を行いたいのかを明確にした上で見積もりの依頼をするとよりスムーズに進めていけるかと思います。

そして経年劣化で気にされている部分をしっかりと業者に伝えてどのような補修や施工を行っていくのか説明を受け、コストや今後の耐久性を考えていきましょう。

時々見積もり依頼の際に平米数を事前に提示して見積もりをしてほしいと言われることもありますが、現在のお住まいの状態によっても使用する材料や施工法が異なるため一度現場の状況などは確認してもらい、見積もりを作成してもらうとよいでしょう。

外壁には様々な経年劣化の症状が現れてきますが、すぐにしなければいけないのかまだ数年は大丈夫なのか劣化症状の判断は難しいためしっかりとプロに判断してもらい塗装工事を慎重に進めていきましょう。

太宰府市・筑紫野市・小郡市・大野城市・福岡市・糟屋郡・筑前町にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。

お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

ページ上部へ